招き猫店長 小出恭正

招き猫で世界に福を招きたい

五月人形はいつから飾るのが正解か?

time 2018/03/24

五月人形はいつから飾るのが正解か?

いつもありがとうございます!
招き猫店長こと小出恭正です。

早いもので、先日雛祭りが終わったと思ったら、
今度は端午の節句へ店舗のレイアウトを変更しました。

陳列したばかりの五月人形達。

当店ではマンション住まいでも飾ることができる、
高さが10cm~20cm程度のコンパクト五月人形を販売しています。

僕のオススメはやっぱり猫型五月人形。

ちゃんと右手上げてます。小さいサイズなので、玄関先やリビングにちょこっと置くことができますよ。

五月人形を飾る意味

五月人形は兜を被っていたり、鎧を着ていたりと武士を連想させますよね。
これは鎌倉時代ごろから、「男の子が多くの困難に打ち勝ってたくましく成長するように」とわが子の健全な発育を祈る両親や家族たちのあたたかな祈りが込められているのです。

ちなみに鯉のぼりが一般的に広がったのは江戸時代からです。

五月人形いつから飾れば良いか


五月人形は春分の日を過ぎたころから、遅くとも4月中旬頃までに飾りましょう。
あんまり早すぎてもいけないし、遅すぎてもいけないってことですね。

柏餅は縁起物


端午の節句に食べるものと言えば「柏餅」ですね。
僕も好きです柏餅。桜餅よりも好きかな。

この柏餅、何で食べるかご存知でしょうか?

柏は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから
「家系が絶えない」という意味を持つ縁起物なんです。

男の子がいるご家庭はそろそろ五月人形出してあげてくださいね。

↓コンパクトな五月人形をお探しなら当店の五月人形をぜひご覧ください↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で小出恭正 浅草の招き猫屋四代目をフォローしよう!


down

コメントする




店舗/アクセス

招き猫店長のプロフィール

小出恭正(こいで やすまさ)

小出恭正(こいで やすまさ)

こんにちわ!浅草で創業97年の招き猫屋 四代目の小出恭正です。生まれも育ちも浅草かっぱ橋です♪招き猫を中心とした縁起物を販売しています。

夢は招き猫を世界に広げること。

当店が所属している「かっぱ橋道具街」の広報担当理事でもあります!

プライベートは二児のパパやっています。

好きなことは映画鑑賞、子どもと遊ぶこと。

どうぞよろしくお願いします\(^o^)/