招き猫店長 小出恭正

招き猫で世界に福を招きたい

『映画ドラえもん のび太の宝島』はパパに見てほしい!父と息子の感動話!ドラえもんが元気玉を食い止める?

time 2018/03/05

『映画ドラえもん のび太の宝島』はパパに見てほしい!父と息子の感動話!ドラえもんが元気玉を食い止める?

いつもありがとうございます!
招き猫店長こと小出恭正です。

昨日、子どもとドラえもんの新作映画『映画ドラえもん のび太の宝島』を観てきました!

『映画ドラえもん のび太の宝島』ってどんな映画?という方には予告をどうぞ。

僕は子供の頃からドラえもんが大好きです。なんと言ったって夢がある。映画はほとんど見ていますし、子どもと一緒に見られるようになって、本当に嬉しい。
さて、今回のドラえもん映画のタイトルは『映画ドラえもん のび太の宝島』。オリジナル作品です。去年と今年で二年続けてのオリジナル。またリメイクやらないかな。

テーマは宝島だけど、根幹を成すのは父と息子の物語

今回のドラえもんのテーマは宝島。恒例となってる、のび太の無茶振りから冒険が始まります。
宝島を見つけるも、それは宝島ではなくて、未来人の船で、そこで壮大な野望を持つ父親とそれに反発する息子と出会い、のび太達は巻き込まれて行きます。

その父親が今回のボスなのですが、とても傲慢で身勝手。自分の子どものことなんて全然考えていないように見えます。でも実はそうではなく、子ども達の未来をすごく大切に思ってる。でもうまく表現できなくて、子供に反発されてしまう。そんな葛藤が描かれています。

父親って、なんか不器用なんですよね。うまく言えないというか、父親の威厳を守りたいのか「子どもに舐められちゃだめだ!」みたいなところがあると思うのです。だからついつい意地になっちゃう。
僕も自分の父とよく衝突しました。僕の父もあまり愛情表現の上手い人ではないので、なかなか父の思いを汲むことができずにいましたが、僕も親になってみて、父親の気持ちが初めてよく分かりました。

父親って絶対に母親には敵わないんですよ。でも子どもには必要なんです。だから不器用でも良いからその思いを子どもに伝えていくのが大事なんだなと、この映画は教えてくれます。小さな子どもを持つお父さんにお子さんと一緒に観に行って欲しい、とても良い内容の作品でした。

ドラえもんはもはや子守ロボットではない?

今作はストーリーだけでなく、アクションもなかなか力入っています。今回のドラえもんは相変わらずのポンコツっぷりを発揮していますが、けっこう体張ってがんばります。
敵のエネルギー球(ドラゴンボールの元気玉を想像してください)をドラえもんが体を張って食い止めるシーンがあって、そのシーンはこれドラえもんか?というぐらいのクオリティで迫力があります。ドラえもんって確か子守ロボットでしたよね。。。
その設定を忘れるぐらい、今回のドラえもんはかっこよかったです。

子ども映画と侮るなかれ!
ドラえもんが好きなお父さんも、ドラえもんの映画はまだ観たことないよというお父さんも、ぜひこの春休みにお子さん誘って観に行ってくださいね☆

↓運が良くなるコツを配信しています↓
メルマガ購読・解除 ID: 1685838
招き猫店長の運が上がるメルマガ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

招き猫と縁起物のオルネコイデ
http://bit.ly/2jDze3b


営業時間:10:00~17:30(土曜日は17時まで)
休業日:日曜・祝祭日

TEL:03-3841-6480
FAX:03-3843-2572

Email:info@orner-koide.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で小出恭正 浅草の招き猫屋四代目をフォローしよう!


down

コメントする




店舗/アクセス

招き猫店長のプロフィール

小出恭正(こいで やすまさ)

小出恭正(こいで やすまさ)

こんにちわ!浅草で創業97年の招き猫屋 四代目の小出恭正です。生まれも育ちも浅草かっぱ橋です♪招き猫を中心とした縁起物を販売しています。

夢は招き猫を世界に広げること。

当店が所属している「かっぱ橋道具街」の広報担当理事でもあります!

プライベートは二児のパパやっています。

好きなことは映画鑑賞、子どもと遊ぶこと。

どうぞよろしくお願いします\(^o^)/

人気記事ランキング