招き猫店長 小出恭正

招き猫で世界に福を招きたい

若返りたい男性必見!若返りたいなら食べるのをやめる!!

time 2018/02/26

若返りたい男性必見!若返りたいなら食べるのをやめる!!

いつもありがとうございます!
招き猫店長こと、小出恭正です!

僕は今年で40歳になりますが、よく実年齢よりも若く見られます。
元々童顔なのもありますが、若く見られるのは嬉しいことです。

 

若返り遺伝子を活性化させる

僕が若く見られる理由の一つとして、サーチュイン遺伝子を活性化させていることが考えられます。

人間には様々な遺伝子が存在していますが、空腹時にしか活性化されない「サーチュイン遺伝子」という若返り遺伝子があります。
人類は今でこそ、飢餓の問題をほぼ克服しているといっても過言ではありませんが、DNAには間違いなく、原始時代の記憶が残っているとのこと。
それが「サーチュイン遺伝子」です。原始時代ではいつでも食料が取れるわけではなかったので、常に空腹との戦いだったと想像できます。次の食料を取るために、肉体をできるだけ若く保つ必要があったために、このサーチュイン遺伝子が活性化したと考えられています。

食事は1日ほぼ1食

この若返りサーチュイン遺伝子を活性化させるため、僕は1日にほぼ1食しか食べません。

朝はコーヒーとチーズ一欠片。
昼はバナナ1本と春雨スープ一杯。

夜は好きな物を腹八分目で食べます。

この生活を2年以上続けていて、体重の増加はもちろんなく、健康診断でもいつもA判定です。この生活を始めるきっかけになったのが、作家の佐藤富雄氏の著書『頭が冴え、疲れない体になる「この習慣」を続けなさい』

を読んでからです。

著者の佐藤先生は御年80歳を超えていても、常に若々しくお元気で、しかもモテモテ。実に羨ましい。佐藤先生は1日ほぼ1食を30年以上続けいらっしゃるので、説得力が違うわけですよ。
そもそも現代人はカロリー過多になっている傾向にあるとのこと。1日3食は食べる必要がないのです。1日3食が定着したのには様々な説がありますが、有力なのはトーマス・エジソンが自身で開発したパンのトースターを売りたいがために
1日3食を提唱したことが大きいと言われています(これを提唱したおかげで、エジソンのトースターはバカ売れしました)

つまり、1日3食食べるようになったのはつい最近のこと。体重を落としたい方、いつまでも若々しくいたい方は、まずは食事を3食から2食に減らしてみてはいかがですか??

↓運が良くなるコツを配信しています↓
メルマガ購読・解除 ID: 1685838
招き猫店長の運が上がるメルマガ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

招き猫と縁起物のオルネコイデ
http://bit.ly/2jDze3b


営業時間:10:00~17:30(土曜日は17時まで)
休業日:日曜・祝祭日

TEL:03-3841-6480
FAX:03-3843-2572

Email:info@orner-koide.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で小出恭正 浅草の招き猫屋四代目をフォローしよう!


down

コメントする




店舗/アクセス

招き猫店長のプロフィール

小出恭正(こいで やすまさ)

小出恭正(こいで やすまさ)

こんにちわ!浅草で創業97年の招き猫屋 四代目の小出恭正です。生まれも育ちも浅草かっぱ橋です♪招き猫を中心とした縁起物を販売しています。

夢は招き猫を世界に広げること。

当店が所属している「かっぱ橋道具街」の広報担当理事でもあります!

プライベートは二児のパパやっています。

好きなことは映画鑑賞、子どもと遊ぶこと。

どうぞよろしくお願いします\(^o^)/

人気記事ランキング