招き猫店長 小出恭正

招き猫で世界に福を招きたい

一万人の人生を見た弁護士が教える「運の良くなる生き方とは」!?

time 2018/05/16

一万人の人生を見た弁護士が教える「運の良くなる生き方とは」!?

いつもありがとうございます!
本のおかげで成長できた招き猫店長こと小出恭正です。

今回ご紹介する一冊は西中務さん著
『運の良くなる生き方』です。

キャリア47年のベテラン弁護士が1万人の人生を見てきた中で
運の良い人と運の悪い人の違いを見つけ、一冊の本にまとめてくれました。

弁護士という職業柄、様々な人と接するので、普通の人の何倍も濃い人間性を見ることになりますよね。
1万人という数がとにかくすごいです。これだけ見ていれば、確かに運の良い人と
そうでない人の見分けはつきますよね

本書にはどういう人が運が良くなのか、どんな行為が運を上げるのかを
具体例と共に紹介されています。どれも分かりやすい例なので、
読んでいて、なるほど~と頷いてばかりでした。

ちょこっとバッスイ!

僕の心に響いた箇所をちょこっとバッスイ!

・「やってやる」ではなく、「やらせてもらっている」と思う謙虚な心を忘れない。

・良い人格になると、良い出会いが増えて、運が良くなる。

・悪いことで得た成功は長続きせず、すぐに不幸になってしまうのです。

・人の迷惑になると運が落ちるようなのですが、強欲はその代表格なのです。

・人を束縛すると運が落ちる。

・争うと運を落とす。

・争いを避けたかったら、困っている方が気持ちを変える。

・犯罪ではない道徳的な罪が運を落とす。道徳的な罪とは人に迷惑をかけていることによる罪です。

・運が良くなりたいのなら、道徳的な罪を必要がある。

・道徳的な負債が人の運を大きく左右している。

・恨みを消すと、不思議と運が良くなる。

・悩みは比較から生じる。

・不思議と、親孝行をした人に幸運が巡ってくることがよくあります。

・恩人を忘れない人徳の高さが、運を導く。

・運は人徳次第。

・能力が高いことよりも、見た目が美しいことよりも、運の良し悪しに深く関わっている性質は人間性。

・仕事で運を呼ぶには、損得を忘れた方が良い。

・縁を大切にすると、運が開ける。

・運を運んでくるのは人。

・人の約に立つと、神様に好かれて運が良くなる。

運はなんとなく上がったり下がったりするものと考えていましたが、
本書を読むと、そうではなくある程度コントロールできるのだと考えを改めました。

運を落とすような行為や言動をしないことが大事ということが分かったので、
日頃の生活に注意を払うようになりましたね。

自分は運がないと思っている方や、もっと運を良くしたいと
お考えの方にぜひ読んで頂きたい良書です。

↓運が良くなるコツを配信しています↓
メルマガ購読・解除 ID: 1685838
招き猫店長の運が上がるメルマガ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

招き猫と縁起物のオルネコイデ
http://bit.ly/2jDze3b


営業時間:10:00~17:30(土曜日は17時まで)
休業日:日曜・祝祭日

TEL:03-3841-6480
FAX:03-3843-2572

Email:info@orner-koide.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で小出恭正 浅草の招き猫屋四代目をフォローしよう!


down

コメントする




店舗/アクセス

招き猫店長のプロフィール

小出恭正(こいで やすまさ)

小出恭正(こいで やすまさ)

こんにちわ!浅草で創業97年の招き猫屋 四代目の小出恭正です。生まれも育ちも浅草かっぱ橋です♪招き猫を中心とした縁起物を販売しています。

夢は招き猫を世界に広げること。

当店が所属している「かっぱ橋道具街」の広報担当理事でもあります!

プライベートは二児のパパやっています。

好きなことは映画鑑賞、子どもと遊ぶこと。

どうぞよろしくお願いします\(^o^)/

人気記事ランキング