招き猫の置物としての起源は?

招き猫

いつもありがとうございます!
招き猫店長です。

日本人に古くから愛されてきた招き猫。
置物としての起源はいつからでしょうか?

招き猫が置物として広く認知されるようになったのは
江戸時代後期(18世紀後半)頃で、
東京の浅草で手を上げた猫の置物が販売されたのが招き猫の
起源と言われています。

招き猫の起源は江戸時代
歌川広重の作品の招き猫が登場しています。これが招き猫が登場している最も古い絵と言われています。

この頃の江戸は財政的に厳しい状態にあったと言われているので、
招き猫のご利益にあやかりたかったのかもしれませんね。

↓運が良くなるコツを配信しています↓
メルマガ購読・解除 ID: 1685838
招き猫店長の運が上がるメルマガ
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

招き猫と縁起物のオルネコイデ
http://bit.ly/2jDze3b


営業時間:10:00~17:30(土曜日は17時まで)
休業日:日曜・祝祭日

TEL:03-3841-6480
FAX:03-3843-2572

Email:info@orner-koide.com

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で小出恭正 浅草の招き猫屋四代目をフォローしよう!


コメント